忙しい女性はストレスが多い

ストレスを発散出来ないとお肌トラブルが増える!

ストレスは美容に悪影響を与えると言われますね!
でもなぜストレスが悪いのかその理由をご存じでしょうか

一番わかりやすい影響はストレスが睡眠不足や質を悪化させることがあります。

ストレスで神経が高ぶり、寝付けなかったり、眠りが浅くなり、夜中に目覚めてしまう症状が出ることがあります。

睡眠不足はお肌にてきめんに悪影響を与えます
寝不足だと目のまわりがクマができたり、肌のハリがなくなり血色が悪くなることもあります。

実はお肌は睡眠中に新陳代謝が活発になると言われています。
そのため、十分な睡眠を取れないとお肌に老廃物が貯まり、くすみやたるみの原因になるのです。

さらにストレスは活性酸素を増加させるとも言われています。

活性酸素は異物や有害物を破壊するなど体に大切な働きもしますが、余分に出来てしまうと自分の体にも悪影響を与え、病気やガンの原因にもなるのです。


ストレスは私たちが生活する上で、どうしても感じてしまうものです。

ただ、それをうまく発散出来る人と発散出来ずため込んでしまう人がいます。
ストレス発散が出来ない人がお肌に悪影響が表れたり、体調を崩したりしてしまうのです。

ストレス解消と美容健康に役立つリンク先.

ストレスが美容健康に悪影響を与える理由とは